楽一活用ガイド

中小企業の課題に合わせた楽一の活用例を紹介

  1. トップ
  2. 楽一活用ガイド
  3. 請求書のミスはシステム化で回避!
02

請求書のミスはシステム化で回避!

請求漏れ・金額の記載ミス・数量の間違えなど、取引先から請求書のミスを指摘された経験はありませんか?
電卓で計算した手書きの請求書や、表計算ソフトで作成した帳票は、人為的ミスを引き起こしやすい一因です。 請求書のトラブルを回避するためには、システム化が近道。
得意先ごとの締め日に合わせた伝票の発行や、計算ミスのない請求書作成を“いま”実現しましょう。
楽一シリーズは、複数税率はもちろん、 2023年10月にスタート予定のインボイスにも対応しています。

楽一を導入して課題を解決!

売上・請求業務のシステム化

請求書業務で多い、ミスによるトラブル。電卓で誤計算したものを記入したり、パソコンの表計算ソフトで計算式を間違えたり、 人に頼った請求書の作成は様々なミスを引き起こす可能性があります。

請求書業務で多い計算ミスや入力もれ
請求書のトラブルを回避するためには、システム化が近道

楽一で請求書発行

楽一では売上・入金の取引情報から、請求データを得意先の締日に合わせてかんたんに請求書の作成ができます。
忙しい月末や締めの集中日にもすぐに違算チェックができ、ミスのない請求書をスムーズに発行できます。
また、請求時の値引き処理や請求書は支店宛に発行し、売掛は支店分も含めて本社に合算請求する親子関係のケースにも対応しています。

1. 売上単価未入力検索による記入漏れチェック

納品時に単価・金額がゼロの「明細」を検索して抽出することができます。そのままドリルダウン機能で該当の伝票入力画面を呼び出せるので、 シームレスに記入漏れの確認ができます。

売上単価未入力検索による記入漏れチェック
ドリルダウン機能で記入漏れの確認ができます
2. 請求一覧表による得意先ごとの請求合計額確認

請求一覧表で、得意先毎に今回請求期間内の売上金額や入金金額の合計額を把握できます。 また、期間内の売上伝票枚数も分かるので、手元にある納品書控えの枚数と一致するかどうかの確認ができます。

3. 売上取引照会を活用した、速やかなデータ訂正

請求一覧表で、請求金額や売上伝票枚数が合わない得意先の期間内の取引明細詳細は、画面上ですぐに追跡ができます。間違っている内容を発見次第、すぐにデータ修正が可能です。

売上取引照会を活用した、速やかなデータ訂正
請求金額や売上伝票枚数が合わない場合、画面上ですぐに追跡ができます
4. データの訂正後、請求書を一括作成

明細型や指定書式、得意先毎の要望に合わせた請求書が一括など自動作成されます。

明細型や指定書式、得意先毎の要望に合わせた請求書
明細型や指定書式、得意先毎の要望に合わせた請求書
他の活用ガイドを見る
ページトップへ