楽一

CASIO

機能

function

使いやすさを追求した設計

(1) さまざまな種類の伝票に対応

さまざまな種類の伝票に対応

楽一ソフトウェアでは、お使いの伝票をそのまま画面に表示し、簡単に入力・発行できます。

図版

使い慣れた伝票で業務が行える

楽一なら、今お使いの伝票をそのまま画面に表示可能。使い慣れた伝票に直接入力する感覚で作業することができるので、初めての方でも安心です。

専用ペンも使える大型タッチパネル

23.8インチのワイドなディスプレイは、専用ペンや指先のタッチで、ボタン・カーソルなどの操作が可能。スムーズで快適な作業を実現します。

※タッチパネルをご使用になりたい場合はWG1専用モニターが必要です。

(2) 情報をタイムリーにつかめるサポートパネル

パネルの内部にお知らせボタン(特許取得済)などを表示。
入力の状況に合わせてその時々に必要な情報を「ボタン」という形でお知らせします。
緊急性や重要度よって色を変え、能動的に教えてくれます。

お知らせボタン(特許取得済)

お知らせボタンをタッチすると、得意先や商品の詳細情報、さらには過去の伝票をサポートパネル上で手軽に確認することが可能。入力画面を開いたまま取引上の注意点を確認できるので、気付いた内容をすぐに伝票に反映できます。

(3)画像取込/スキャナー読込でさまざまな付帯情報を管理

図版

画像取込・貼付

デジタルカメラなどから取り込んだ担当者や商品など様々な画像を、そのまま伝票へ貼付可能。見て分かる、ミスの少ない出荷/検品に貢献します。

図版

スキャナー※読込・貼付

専用スキャナーから読み込んだデータは、背景を透過して伝票へ貼付できます

オプション

図版
図版

伝票へ直接書き込み

「デジタルインク」機能を使用し、画面上の伝票へメモや補足などを直接書き込むことが可能です。

※WG1に付属

図版

(4)楽らく経営リサーチ 会社の経営を”見える化” BIツール

納品書や請求書などを作成するために入力されたデータを、見やすい表やグラフに変換します。
さらに、表やグラフ上の気になる部分をクリックすると、その項目の内容を深く掘り下げて確認できます。
会社の強みや改善すべき課題など、必要な情報を「見える化」し、経営者の意思決定をサポートする分析ツールです。

図版

分析パターン例

売上に貢献している商品群を選択し、気になる商品は別な視点で分析。
商品ごとの売上高の確認だけでなく、例えば、"色”や”サイズ”でクローズアップできるため詳細な分析が可能です。

図版

また、クロス集計機能を使えば、縦軸に”色”、横軸には”商品”の一覧表も簡単に作成。
Excelへ出力ができるので、報告書や販売戦略など様々な用途にお使いいただけます。

※Excelは米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における商標または登録商標です。